忍者ブログ
Admin*Write*Comment
Hiro-DesignWorks*blog
[342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は小学校に通う息子の卒業式でございました。

IMG_5233.JPG








6年間の小学校生活も今日で終わり。
たくさんの喜びも、いろいろな出来事も、
息子にとっては大切な思い出となることでありましょう。

先生も女の子も男の子もウルウル・・・それを見て私もウルウル。
普段は涙もろい息子なので、絶対に泣くかと思いきや、
春からの新生活に向け、希望に満ちた表情で凛としておりました。

よくぞここまで大きくなっちゃって。
親としては無事に卒業を迎えられてホッとしています(〃´o`)=3



息子が生まれてからのことを振り返ると・・・



妊娠中から切迫早産で2ヶ月も寝たきりの妊娠期間を経て、やっと出産。
流産の恐怖と戦いながらの妊娠期間はとてもつらいもので、
無事に出産が出来た時には、生まれて来れただけでも奇跡!と、
喜びでいっぱいでした。

・・・が!生まれてまもなく、息子が重度のアレルギー体質だと判明。
通常、100-200(IU/mL)のIgE抗体が、
息子にはナント!3700(IU/mL)もあることが検査で分かったのです!
検査した病院の先生が「何かの間違いかも知れない・・・」と
びびる程の結果でございまして、
慌てて、アレルギーで有名な小児科に担ぎ込んだところ、
「うちの病院でも3本の指に入るわ~!」と先生に褒められた(笑)のが
まるで昨日のことのようであります。
この日から息子はアレルギー治療のため、病院のレギュラー(笑)。
ペーパードライバーだった私も軽自動車で運転の練習をし、
長い通院生活が始まりました。

5歳の時には盲腸に。
病院で発覚した頃には既に盲腸が破裂した状態で、
その影響で腸閉塞と腹膜炎も併発するという重症。
いつ命を落としてもおかしくない程で、緊急の大手術を行いました。
手術は無事に終わったものの、
その後も手術の後遺症で腸閉塞が続き、
3回の入院を繰り返えす中、娘を妊娠中だった私も早産で出産(爆)。
息子と私が、次々に外科と小児科と産婦人科を入院しまくり、
大騒ぎの日々でございました。

いつまた腸閉塞で入院になるか分からず、
部屋の中には入院に必要なものを詰め込んだ「緊急入院用バッグ」を常備。
その後1年間は不安な毎日を過ごしておりました。

やがて息子も6歳になり、腸閉塞の恐怖も薄れ、
「緊急入院用バッグ」も、もう使うことなど無いだろう・・・と思った矢先、
ある日突然、激しい腹痛。
ナント今度は息子が「移動性睾丸」の持ち主であることが判明(爆)!
ねじれ上がった睾丸がお腹の中で捻転したようで、大騒ぎになりました。
・・・どうしてウチの子ばっかり次々に変な病気になるのだろうか(涙)・・・
そんな遣る瀬無さ感も持ちつつ、また入院して睾丸の固定手術。
6年経ったつい先日、経過を診察に行って来ましたが、
睾丸への血流も良く、機能も十分で、再手術の必要も無い!とのこと。
ああ・・・良かった。これにて睾丸の心配からも卒業です(笑)。

息子の体は今でも手術のメスの跡でいっぱいですが、
どれも息子の人生に起こった出来事の軌跡だと、今では愛しく思えます。

生きていることだけで儲かっているはずの息子が、
今、こうして小学校を卒業し、
勉強の厳しい私立中学へと自ずから身を投じます。
頼もしく感じる時もありますが、中身はまだまだ未熟な子ども。
今より厳しい道ですから、困難にぶち当たる事も多いことでしょう。
でも希望の学校に進学出来た喜びは大きな自信になったはず!
これからの毎日を大切に生きていって欲しいと思っています。

息子よ!卒業おめでとうっ(≧∇≦)ノ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 改めておめでとう。
エリザベスぞーだ★ 2008/03/22(Sat)20:03:06 編集
「命あるもの みな 美しく」。。。リピーターが多くて有名なA動物園園長のお言葉です。生きているって本当に素晴らしいですね。命の無い石は生きている人間が磨きあげないと美しくなれないけど、命のあるものは生きているだけで美しいですもね。Hiro一家、ますます輝いてたくさんの幸せが訪れますように☆息子さん小学校卒業おめでとうございました。そしてHIroさん、副社長6年間お疲れ様でした☆★☆
  • ありがとうございますm( _ _ )m
Hiro 2008/03/25 17:54
息子には多少のことがあっても「命があるだけでも十分に幸せ」です。
これからは自分のペースで、自分に美しく磨きをかけてもらいたいです。

「命あるもの みな 美しく」・・・いい言葉ですね。

(T▽T)ノ
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
札幌在住のあみぐるみ作家Hiroのblog
Copyright © Hiro-DesignWorks*blog All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]