忍者ブログ
Admin*Write*Comment
Hiro-DesignWorks*blog
[1051]  [1050]  [1049]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は朝一番で小学校へ。
授業前の自習時間に時々行っている
「朝の読み聞かせ」に行って来ました。


***


今日は2冊の本を持ち込みました。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■やまんばのにしき
■うまかたやまんば
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
の「やまんばもの」の本を2冊です。

先日、図書室での「お昼の読み聞かせ」に
スリルとサスペンス満点の「三枚のおふだ」を読んで好評だったので、
今回はやまんばについて伝授して来ました。

「昔話によく登場するやまんばですが、怖いですか?
では、本当に怖いかどうか読んでみることにしましょう」

そう前置きして、2冊の本を掲示し、
子供達にどちらの本を読んで欲しいか選ばせます。
時々、こうして子供達に本を選ばせるのですが、
この時点でもう子供達の興味は本に引きつけられてしまうので、
なかなか有効な技なのデス(ゝ∀・)b

子供達が選んだ本は、怖そうな表紙だった「うまかたやまんば」でした。

この本は、やまんばに追っかけられる怖い内容の本だったので、
子供達は「うわ~まただ!」などと怖がりながらも、夢中で聞いてくれます。

読み終えた後、

「実は、選ばれなかった方の本は良いやまんばの本でした。
怖いと恐れられていたやまんばでしたが、逢いに行ってみると、
村の守り神だった・・・というお話しなんですよ。
その地方に伝わる昔話には、色々なやまんばがいるものなのですね。」

そうフォローの説明もして、本日の読み聞かせを締めくくりました。
本に少しでも興味を持ってくれると嬉しいですし、
子供達の喜んでくれる反応が何よりの励みです。


***


私が図書ボランティアを始めたのは、6年前からで、
本に興味の無かった息子を、
なんとか本好きにさせるのが目標でした。

そして、読み聞かせ活動に参加を始めたのは、2年前から。
これは、実は、自分のため。
上手に司会や読み聞かせをする先輩ママさん達を見て、
自分も人前で上手に話すことが出来るように、訓練のつもりで始めました。

今でも緊張しますが、自分には良いプレッシャーです(*^-^*)ゞ
子供達が喜んで聞いてくれるので、これからも頑張りま~す。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
札幌在住のあみぐるみ作家Hiroのblog
Copyright © Hiro-DesignWorks*blog All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]